女性のデリケートな悩み対策

デリケートゾーンの臭いのケアはとっても簡単

デリケートゾーンの臭いが・・・。
どうして、デリケートゾーンの臭いが気になるようになりましたか?

 

私は、いすに座っている時に立ち込めてきたニオイで気づき、
下着に付いた臭いが蒸れてるような感じで、明らかに陰部からの臭いだなぁと感じました。汗もかいていて、陰部が湿っている感じだったように覚えています。
1回気づいてしまったら、気にする機会が多くなりました。
ちょっと体を丸めて、デリケートゾーンに鼻を近づけて確認してみたり・・・。

 

でも、
女性器は複雑な構造ですし、デリケートゾーンだって人間の体の一部、
臭いがあって『当たり前』のことです。

 

だけど、女性にとっては
「いざ!」っていう時がありますもんね。
そんな時に、
「あ、私の臭い大丈夫かしら?」こんな心配はしたくない。

 

もう、だいじょうぶ!
デリケートゾーンのケアをして健康でいつでも自信がもてる準備OK女性になっちゃいましょ。

 

ケアはとっても簡単。

 

 食生活の乱れを改善して、リラックスした生活を!

 

 デリケートゾーンの蒸れを予防!

 

 デオドラントケア製品と上手に付き合う!


体臭が強くなってしまう生活を改善しよう!

皮膚の潤いを保つ皮脂腺からの油脂成分
汗腺から出る油脂成分
これらの油脂成分と皮膚汚れの雑菌が汗と混じり、体臭が強くなる仕組みがあります。

 

お肉や油っこい食べ物ばかりを好んでいると、分泌される油脂成分は多くなってしまうので、より体臭は臭くなる傾向があります。
余計な油脂成分を出さないために、動物性脂肪を控える食生活が必要になります。

 

デリケートゾーンは特に汗をかきやすいので、油脂成分や汚れがたくさん付着していると、強く体臭を感じる部位になってしまうのです。

 

緑黄色野菜・海藻やキノコ・大豆などのアルカリ性食品を中心にするとよいです。

青汁などもオススメです。
じゃあ、動物性のものは完全に控えた方が?というわけではなく、バランスのとれた食生活をすることが必要です。

 

 

体の疲れすぎも体臭が強くなります。

人の体は、疲れてくると乳酸がたまり、増加すると汗のにおいが強くなります。

 

1日中動いて溜まった体内の乳酸を減らすために、ゆっくりと入浴時間を設けることが必要です。

 

 

女性にとっては、永遠のテーマ『ダイエット』も、間違ったやり方をすれば体臭の原因になってしまいます。
食事制限のみのダイエットをしていると、体は身を守るために脂肪を燃やしますが、この時の脂肪はニオイを放つ物質になってしまいます。
もっと続けていると、体内は完全に疲労した状態になるので乳酸が生成されてしまい、もう1つのニオイ物質の原因になります。

 

過食やダイエット、疲労などが蓄積すると、膣内にある殺菌力のある菌の力が衰え雑菌が増えにおいが気になったりもします。

 

適度な運動で基礎代謝をアップして、良い汗をたくさんかいて、バランスのとれた食生活を心掛け、ちゃんと入浴時間もあるリラックスな生活を続けることが、体臭改善でデリケートゾーンのにおいケアにも繋がります。

 

 汗と体臭の関係の記事はこちら

デリケートゾーンが蒸れないような工夫を!

汗をかきやすいデリケートゾーンは、1日中下着やストッキングで締め付けられていますよね。
当然、蒸れてしまって、こもったようなニオイがしてしまいます。
でも、下着をはかない訳にはいかないし、なかなか通気を良く!ってことは難しいことですね。

 

できるだけ通気性のよい、綿やシルクなどの下着を選ぶことが必要で、過剰にガードルとかで締め付けてしまうことは避けた方が良いです。

 

生理中はとくに、ナプキンや通気性の悪い生理用の下着で締め付けられニオイ発生は加速します。
膣から出てくる血液自体のにおいというよりは、蒸れた状態で雑菌が繁殖して臭いが発生してしまうので、できるだけこまめにナプキンを変えることが大切です。
タンポンも、交換はこまめにしてください。
おりものシートを使っている場合も、同じくこまめな交換が必要です。

 

通気性を考え、『布ナプキン』に目を向けるのも1つの方法です。
おりもの用の『布ナプキン』もあります。
主に肌にやさしいコットン素材で作られているので、市販のナプキンで肌荒れを
しちゃう!なんて場合は改善します。
なんといっても通気性がよいので、ムレによる臭いはグッと減ります。

 

 布ナプキンについての詳しい記事はこちら

 

個人差はありますが、生理痛が良くなった!とか生理周期が改善した!っていうこともある『布ナプキン』
デリケートゾーンの臭いだけではなく、女性にとっては色々と良い面が多いです。

ただ・・・デメリットは
使用後に洗濯するのが面倒くさいのと、持ち運ぶのがチョット・・・というのはあるかも知れませんね。

 

手作りもできますし、ゴミも出ずナプキンやタンポンの購入費を抑えられるメリットがあります。

デオドラント製品を上手に使おう!

体が臭くなるのは、油脂成分と雑菌が汗と混じることで起こるとお話ししました。

 

殺菌しなきゃ!と、気になるデリケートゾーンをゴシゴシと洗っちゃダメです。
肌が傷ついたり、必要な皮脂まで取り除かれてしまいます。

 

膣には元々、雑菌の侵入を防ぐ力がありますが、強い殺菌作用のソープでゴシゴシ洗ったり、ビデで洗いすぎたりすると
雑菌を防ぐ力が弱まり、炎症を起こしてしまったりします。

 

においの原因となる悪い雑菌だけをやっつけなきゃ駄目なんですね。

 

洗顔フォームがある様に、デリケートゾーン用のソープがあります。

 

デリケートゾーンのニオイの元となる汚れや皮脂をキレイにしてくれるソープ

ピーチ・ジョン

デリケートウォッシュオイル

ファイブテイルズ

薬用 イビサソープ

キーリー

デオシークボディソープ

商品の詳細と口コミ

商品の詳細と口コミ

商品の詳細と口コミ

価格     価格     価格    
返金制度   返金制度   返金制度  

 

体の洗い方は、良く泡立ててから優しく荒ます。ボディタオルとかは使わないで、泡で洗う感じがいいんです。

洗顔と同じですね。

 

 

ピーチ・ジョンのデリケートウォッシュオイルは、オイルでデリケートゾーンの汚れを落とします。

お化粧をオイルクレンジングで浮かせて落とすのと
同じイメージです。

 

イビサ薬用ソープは、陰部・気になるゾーンになじませて洗い流すタイプ。

 

デオシークボディソープは、全身で使う優しいモチモチの泡ソープです。

 

外出先でもできるデリケートゾーンのデオドラントケア

エイチアンドティー

インナーブラン

シンクライズマーケティング

デオプラスラボ プラチナム

デオシーク

薬用デオドラントクリーム

 商品の詳細と口コミ

商品の詳細と口コミ

商品の詳細と口コミ

価格     価格     価格    
返金制度   返金制度   返金制度  


お風呂やシャワーの後は、ニオイが気にならないんだけど、時間が経つと臭ってきちゃうんだよね・・・とか
いざ!って時の前に、ケアすれば心配が減りますよ。

 

インナーブランは、シュッと1ふきでケア完了のミストタイプのデオドラントケア。持続性は24時間!

 

デオプラスラボ プラチナムとデオシーク薬用デオドラントクリームは、クリーム状で制汗作用も!

『おりもの』のニオイや色はチェックしておこう!

『おりもの』にはニオイがあります。
甘酸っぱいニオイで色は半透明か白色です。

 

下着に付いたものが、乾いたりすると黄色っぽくなっています。

 

量は、排卵期がちょっと多くなって、妊娠すると増えます。

 

これが、正常な『おりもの』の状態です。

 

もし、いつもと違うニオイや色だったりする場合は、体からのSOSかも知れません。

 

 『おりもの』でわかる体からのSOSの記事はこちら

私だけ?!デリケートゾーンの臭いが気になっちゃう

デリケートゾーンが何だか人と違って臭いのかな?そんな風に悩んでいるのは、あなただけではありません。

 

人と比べることができないし、誰かに相談できずに1人で悩んでることってすごく多いことだと思うんです。

 

 

王子ネピア株式会社の『おしりやデリケートゾーンのケアに関する意識調査』では、約50%の女性がニオイを気にしてることがわかります。

 

 

 

 

ユニ・チャーム株式会社の『デリケートゾーン』に関する意識調査では、ニオイを含めた悩みは90%を超える結果が出ています。

 

その中で、デリケートゾーンの悩みを周りに相談したことはありますか?と聞いたところ
こんなにも多くの人が、人には相談できずに1人で悩んでいるんです。

体臭に対して、あまり神経質になりすぎないで!

体臭は、人間だったらあって当たり前のコト。

 

でも、
女性だったらエッチの時も、普段の生活でも気にしちゃいますよね。
パートナーに直接『におい』を指摘されて傷ついたり、自分はチョット人と違うんなじゃいかな?って思ったりするのも当然です。

 

体のSOSを体臭が教えてくれる時だってあるんです。
自分の体臭で悩みすぎず、
「エチケットの1つ」くらいの心構えで、正しいデオドラントケアをしましょ!

更新履歴