オーガニック布ナプキンは女性にやさしい

布ナプキンがデリケートゾーンの蒸れを予防してニオイ対策

デリケートゾーンがにおってしまう原因の1つ
『蒸れ』を防止してくれるのが、布ナプキンです。

 

最近のナプキンは「ムレない」ように品質はあがっていますが、どうしても機械的で科学的な繊維で作られた物なので、デリケートゾーンが蒸れたり、かぶれ・かゆみがあったりしませんか?
私も、毎回ではないですが、汗をたくさんかいてしまう時や、体調にもよるのか、
あそこがカブれてただれてしまう経験があります。
痒いというよりは、お風呂の時にしみたり、トイレで拭くときに痛みを感じたりするんです。
結構、痛くないですか?

 

そこを改善してくれるのが『布ナプキン』です。
肌に直接触れる部分は、※オーガニック100%コットンで、漏れないような工夫で通気性の良い防水布を使います。
通常のナプキンだと、漏れ防止にビニール素材を使ってるので余計に蒸れてしまうんです。

 

生理中のムレを予防することで、デリケートゾーンの臭いを軽減させます。

 

 

普段、おりものシートを使っていますか?
おりものシートも蒸れの原因=結果、臭ってしまうんです。

 

おりもの用もあるんですよ!

 

 

 


 

※オーガニック : 化学肥料や農薬を使わないで育てた綿・天然素材で赤ちゃんにも安心なんです。


布ナプキンって、どんな構造?使い方は?

布を何枚も重ねて作られていて、肌に直接触れる場所はオーガニックコットンを使用し、下着側は防水布を使っています。

 

ボタンやマジックテープで下着に装着します。
2〜3時間での交換が必要ですが、これは普通のナプキンも一緒ですね。
量が多い日・夜用、普通の量の日用と作られています。

 

蒸れの予防や、かぶれ予防には圧倒的に布ナプキンが良く、最大のメリットですが、
外出時に、使用済のものを持ち運んでいなければいけないのが最大のデメリットですね。
こちらの臭いも気になるので、ジップロックのような袋に入れて持ち帰らなければいけません。

 

洗濯をして、何回も使用できるので、ゴミが減りナプキンやタンポン代の節約。
これが、布ナプキンのもう1つのメリットです。

 

布だと漏れたりするんじゃないの?

 

市販の紙ナプキンの吸収力よりは、やっぱり劣ってしまうところはありますが、
漏れの心配はありません。
布ナプキンで使用されている『透湿防水布』は、水をまったく通しません。

 

漏れないのに蒸れない!これが布ナプキンの特徴です。


布ナプキンの良いところは他にも!

布ナプキンってすごいんです!

 

生理痛って、子宮内に異物を感じると筋肉が収縮して起こるんですが、普通の紙ナプキンだと石油素材などの不純物が多くて、生理痛を余計に引き起こす原因になるんです。

生理の血やはがれた組織だけでも異物として生理痛が起こりますが、そこへ不純物が増えると、生理痛も増してしまいます。
オーガニックコットン100%の布ナプキンだと、天然素材なので不純物が少なくて生理痛を和らげてくれるんです。

 

紙ナプキンは、子宮を冷やしてしまう成分が入っているんです。布ナプキンに変えると、子宮が温められて冷えの改善につながるんです。

 


布ナプキンは手作りもできちゃう!肌に触れる面は、やさしい素材でね。

使わなくなったタオルや、Tシャツ・赤ちゃんのスタイなどで、布ナプキンを手作りする人も多いです。
リサイクルで、エコにもつながりますね!

 

肌にやさしい素材を選んで作ることが大切。
防水で漏れない素材だと、赤ちゃんのスタイなんかが良いかも知れませんね。

 

手作りのための本もあります。

⇒ 布ナプキンはじめてBOOK取り扱いサイト