女性のデリケートな悩み対策

あそこのニオイは汗と菌に問題が!

汗は、体中にある汗腺から出てきます。
この汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

 

体臭の原因は、汗をかくことではなくて、
ニオイの元となる菌と混じることによって起こります。

 

デリケートゾーンは、とっても汗をかきやすい場所なので
ニオイの元をちゃんと取り除かないと、におってきてしまうんです!

ほとんどニオイのないエクリン腺からの汗

全身いたるところに分布していて、成分の99%以上がサラッとしていて、

ほとんどニオイのない水分です。
エクリン腺からかく汗の役割は

 

暑いときや、運動の後に体温調節のために、体全体から汗を出して体温を37度前後に保つため。

緊張したとき、驚いた!不安なときに出る冷や汗などの精神性の汗で、手のひらやわきの下、足の裏などの局所にかきます。

辛いものを食べたりするとく汗で、おでこや鼻・唇の周り、首にかきます。

 

いずれも、生理的な汗がほとんどで、成分の残り1%には塩分・尿素、アンモニアが混じっています。
体中すべてのエクリン腺から汗が出る訳ではなく、実際に活動している汗腺からでるのですが、この活動しているエクリン汗腺には個人差があって、3歳位までの生活環境で決まると考えられています。

 

暑い地域の人は、寒い地域の人よりも活動しているエクリン汗腺が多く体温調節をスムーズにできるようになっています。

ニオイのあるアポクリン腺からの汗

遺伝や、人種によってアポクリン腺の量の差があります。

 

アポクリン腺からかく汗の役割は

体臭の原因となる汗を作り出す。

 

動物に例えると、仲間同士の確認とか、個体の識別、異性を惹きつけるフェロモンのような役割をします。

ですので、アポクリン腺からの汗はニオイがあって当たり前なんです。

 

人のアポクリン腺は、わきの下やおへそ周り・外耳、乳輪や性器・肛門周りなど、
体の一部に分布していて毛穴と出口を共有しています。
思春期のころが一番大きくなり、年を重ねると小さくなってくるのが特徴です。

 

粘り気のあるアポクリン腺からの汗

タンパク質

脂質

糖質

アンモニア

ピルビン酸

色素リポフスチン

鉄分

を含み、塩分がほとんどなく少々粘り気のある栄養たっぷりな汗です。

 

アポクリン腺の汗は、栄養がたっぷりなので、皮膚の常在菌が繁殖しやすいのです。

 

この発酵臭が『ワキガ』の臭いになるのです。

 

エクリン腺からの汗は、ほとんど無臭なのに何故ニオイに変るのか?

それは、皮膚に潤いをもたらす皮脂腺というものがあって、ここから分泌物の油脂成分と皮膚の雑菌が混じり、ニオイの元になります。
この元が、エクリン腺からの汗に混じり強い臭いを発生させてしまうことになるのです。

 

 

デリケートゾーンの汗も同じ仕組みから、ニオイに変わってしまうんですね。

 

皮脂腺は、動物性脂肪をたくさん食べると刺激されて活発になり、より多く油脂成分が出てしまいます。

 

ですので、お肉・油っぽい食事ばかりを好んで食べていると、体臭が強くなる可能性が高いので、バランスよく緑黄色野菜や海藻・キノコ、大豆を食べ、油も植物性のものを上手に活用して、体質改善をする必要があります。

 

余計な油脂成分を出さない、皮膚の雑菌を減らすことが体臭の改善につながります。

良い汗・悪い汗

体温が上がると、血液からミネラル成分と水分がエクリン汗腺に取りこまれます。

ミネラル成分は体に必要なので、再び血液に再吸収され、水分と少しの塩分が汗として出てきます。
この汗はサラッとしていて『良い汗』で、水に近く蒸発しやすいのが特徴です。

 

逆に『悪い汗』はベタベタしていて蒸発しにくく、臭い汗になります。
汗腺の機能が鈍って、ミネラル分が上手に血液に再吸収されずに出てくる汗が悪い汗。皮膚表面の常在菌を増殖させニオイが発生します。

 

ストレス

 

運動不足

 

汗をかく習慣がない

 

これは、『悪い汗』の大きな原因です。

 

エアコンによって、汗をかかない環境にいたりすると、汗腺に老廃物や角質がたまって汗とともに排出されてしまうんです。
女性にとって、エアコンは冷えだけではなく、体臭にも関わってくるんです。

良い汗と菌の増殖を防ぐことがデリケートゾーンのにおい対策に!

適度な運動や、サウナで良い汗をかいたり、36度くらいのぬるま湯にゆったりと浸かって汗腺を刺激するのも良いです。
常に良い汗をかく習慣をつけておくことと、菌の繁殖を抑えるデオドラント製品を上手に使うことが、デリケートゾーンだけではなく、全身の体臭予防にもなるんです。